読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is adventure

人生という旅を楽しくするために追求をしていくブログ              〜世界中に溢れる最高の遊びを求めて〜

カフェ作業はあなたを強くする

f:id:keisuke44:20170222193637j:plain

こんばんわ けーすけです。

 

東南アジア旅行から帰国して早2週間ちょっとたちましたがぼーっとする時間が増えています。

 

知らない世界に行くのって本当に素晴らしいことで、一度その快感を知るとやめられない。あー旅に出たい。

 

そんなこと思いながらもたくさんの課題や遊びに時間を追われているわけです。

 

ちなみに僕は家で何か作業するのがとても苦手で、とりあえずカフェかファミレスかという感じです。

 

そして最近思ったのは本当に作業効率が上がっているのかどうか。

 今回はそれを検証したいと思います。

 

カフェでの勉強ってなんかかっこいいしおしゃれな気持ちになりますよね

 

それってモチベーションアップじゃんっていうのが持論なんですが

 

ちょっと調べてみました。

 

 

 

1:カフェ勉強のデメリット

f:id:keisuke44:20170310134458j:plain

まずはデメリットからです。

 

調べたところ勉強に集中するために必要な要素は

 

・静かであること
・リラックスできること
・邪魔が入らないこと
・散らかっていないこと
・必要なものがすぐに取り出せること
・快適であること

効率のいい勉強法|東大生が教える1日を48時間にする西中式習慣構築メソッド

 

だそうです。そう考えるとカフェってうるさいし集中するには向いてないのかもしれないです。

 

こちらのブログにも書かれていましたがファミレスとかの方が作業は捗るのかもしれません。というのも御飯時はファミレスは混んでいますがそれ以外の時間って意外と空いていませんか?

 

特に勉強しようと思ったら大体ご飯後ですよね?僕だけかもしれませんが???

 

そしてカフェが混む時間は大体食後の時間

 

ということは

午前中はファミレスに行って混んできたらお昼ご飯を食べる

 

お昼ご飯の後はカフェに移動して勉強

 

カフェが混んできたらファミレスに戻る

 

このスタイルが一番なんじゃない?

 

金はかかるけどさ

 

2:カフェ勉強のメリット

f:id:keisuke44:20170315220021j:plain

ここ大事 メリット

 

正直メリットと言えるのか難しいですが

 

まず環境音を味方につけること

 

要するにうるさいのもBGMって思うこと

 

環境音にこだわって仕事をクリエイティブに!環境音の意外な役割とは | MEN人(メンジン)

 

実際の研究データでも

アメリカで環境音に関する研究調査結果が出されています。
50デシベル(デジベルは音の大きさの単位)程度の静かな環境(例えば図書館など)で作業をするよりも、70デシベルのノイズがある環境(カフェなど)の方がクリエイティブになる(創造性が高まる)というのです。

 

という結果が出ています。

 

そしてなによりも大事なのは必要なものだけを持ち込むということ

 

例えば英語の勉強をするのに 漫画を持って行ったり なぜか中国語の本を持って行ったりはNGです。

 

僕もよくやってしまうのはカフェってWIFIあるところが多いのでついついYoutube見ちゃうんですよね。

 

だからWIFIは基本的には繋がない方がいいです。

 

本当に時間はあっという間に過ぎますからね。

 

時間決めて気分転換にはいいかもしれないですが

 

さていかがだったでしょうか カフェでも勉強について書いて見ましたが

僕はカフェに行くのが普通に好きでインスタあげたりするのが趣味なので

ついでみたいなところはあるんですが

 

みなさんも勉強が捗る自分だけのスペースを見つけて見てください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!