すとりば

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すとりば

『未知』に挑戦して、『現在』を生きる

分からない→聞く→やる→繰り返しやる→出来る

f:id:keisuke44:20170519175216j:plain

こんにちはけーすけです。最近ルービックキューブにはまってます。めちゃ楽しい。

 

さて今回のテーマですが、これを思ったのは後輩とかに分からないことを聞かない人が多いなと思ったからです。

僕自身、自分でやるより、人に聞いた方が早いと思っています。そっちのが時短だしね。

 

例えば、英語が話せるようになりたいと思ったら、英語の教科書買ったりするひとがほとんどだと思いますが、それで話せるようになった試しがあります?

僕は無理でした。だから英語が話せる人に聞きました。『どうやったら英語話せますか?』と。

 

そしたら英語を話せないと生きていけない環境に行くのが一番早いと言われたので、バックパッカーで東南アジアを旅しました。

そしたら『留学じゃないんだね』と相談した人に言われましたが笑

 

つまりあなたがやりたい!やる!と思ったことにそれを達成した先人がいるのならば間違いなく聞いた方が早いです。いや独学でとか、我流でとかはその後でいいんじゃないでしょうか?

 

分からない→聞く

分からないと思ったらすぐに聞く。自分で調べてみるよりも早い。タイムマネジメントにもなる。

 

聞く→やる

聞いたらすぐにやる。言われたことをそのまんま実践してみる。変な知恵を使って我流でやらないこと。ある程度実績を積んだら我流でやろう。

 

やる→繰り返しやる

やるは1回だけではない。何回も何回も繰り返しできるようになるまでやり続けることが大切です。ちょっとしかやっていないのに成果が出ないとかを言っているようでは甘い。

 

すぐに成果が出るものは、だれがやってもそんなものということ。つまり大したことではない。ルービックキューブもひたすらやっていれば出来るようになる。

知ってますか?ルービックキューブを完成させれる人は世界の6パーセントなんですよ!

 

繰り返し→出来る

繰り返しやっていれば出来ます。時間はかかるかもしれないけど出来ます。

そうすればそれはあなたのスキルです。

 

まとめ

正直、こう言われても、聞けない人って多いですよね。

『恥ずかしい』『プライドが高い人』『聞ける人が周りにいない』こういう人多いのではないでしょうか?

 

でも僕は思います。多分その程度のやりたいこと、やることなんだなと。

そしたら思い切ってそのやりたいことは忘れてしまった方がいい。だって考えるだけ時間の無駄だと思うから。

 

厳しいことだと思いますが、、、ね

 

LGBTから考える個人の自由とはなんなのか?

f:id:keisuke44:20170515174425p:plain

1:LGBTとは

アルファベットの意味

『L』:Lesbien(レズビアン)

レズビアンとは女性同性愛者のことを指します。

『G』:Gay(ゲイ)

ゲイとは同性愛者全般を指すこともあるが、俗には、男性同性愛者のことを指す。

『B』:Bisexual(バイセクシャル)

バイセクシャルは両性に魅力を感じる人を指す。つまり両性愛者である。

『T』:Trancegender(トランスジェンダー)

トランスジェンダーは、生まれた時の性に対して間違っているという思いがある人たちとことを指す。例えば男性として生まれたが、心は女性であり、女性と同じように男性が好きだというような感じである。逆も然りだ。

LGBT=性的少数者ではない

上記で、LGBTの言葉の意味を並べた。あなたはLGBT=性的少数者だと思っていませんか?

実はLGBTと性的少数者ではないんです。性的少数者というのはLGBTも包含する大きな括りとされています。

つまり性的少数者はLGBTだけではないということです。

 

分かりやすいイメージマップがあったので転載させていただきました。

(http://tokyorainbowpride.com/lgbtより転載)f:id:keisuke44:20170516181150p:plain

上の図を見てもらえば分かるように、身体の性から枝分かれして、心の性、好きになる性という風に分かれていきます。

つまり、最低でも12通りがあるわけです。

 

こう見れば、僕たちだって性的少数者になりうるわけです。

誰を好きでも、心が違っても、個人の自由だと思うのです。

2:マイノリティ(少数派)とマジョリティ(多数派)

f:id:keisuke44:20170516181825j:plain

LGBTを考えるに当たって、必ずでてくるキーワードが『マイノリティ』と『マジョリティ』という言葉です。

この章のテーマにもなっていますが、『マイノリティ』とは少数派のことで、『マジョリティ』は多数派を指します。

 

LGBTと呼ばれる人がデモを起こして戦ったりするのは、少数派だからといって社会インフラが適用されない(法律や結婚など)というのが主な原因です。

普通=マジョリティ(多数派)という空気感

あなたは男として生まれて女性が好きですか?それは普通ですよね?

でもLGBTの人にとっても、男性として生まれて、男性が好きなのが普通なんですよ。

 

少数だからとか多数だからとか関係ない。その人にとってはそれが普通なんだから。

3:変わりつつある社会

昔に比べれば、LGBTが世の中に受け入れられてきましたよね?

ニュースでもハリウッド女優がバイセクシャルを公表したり、僕たちもテレビをつければマツコやカバちゃんなどを見ない日は少なくなりました。

 

メディアの力ってすごいなーって思うのはメディアで浸透し始めると社会の基盤そのものが変わっていくということです。

 

最近のニュースですが経団連もLGBTを受け入れるための施作を始めました。一企業としてそういったことに取り組んでいたところはありますが、世の中全体として動き出したというのは大きな進歩だなーと思います。

経団連は15日、企業による性的少数者(LGBT)の社員や顧客に対する差別を禁止し、LGBTに配慮した職場環境や人事制度作りを求める提言を公表した。

 具体的な取り組み例として〈1〉LGBTへのハラスメントや差別禁止を社内方針として明記する〈2〉配偶者に適用される福利厚生を同性パートナーにも適用する〈3〉採用活動のエントリーシートから性別記入欄を廃止——などを挙げた。

 経団連は「多様性を尊重することで、個々人の能力が最大限に発揮でき、生産性が向上する」(幹部)とみている。

 経団連が3月に会員企業・団体を対象に行った調査(回答233社・団体)では、LGBTへの取り組みを何らかの形で行っているのは42・1%に上り、検討中も34・3%だった。

news.biglobe.ne.jpより引用

4:個人の自由と多様性

f:id:keisuke44:20170317105917j:plain

個人が自由に生きるというのが、最近風潮としてあるように、LGBTも受け入れられ始めています。

僕自身、自由というのは『好きなように生きること』ではないと思います。

 

LGBTの人たちが、『私たち、僕たちは普通だ!』と訴えているのと同じように、

あなたが思っていることややりたいこと。

秘めた気持ちや情熱を周囲の多数派の意見に合わせないということだと思うんです。

 

それが自由に生きるということなんだと思います。

人それぞれ、伝えたいこと、やりたいことは違って、それがいいはずなんです

 

それを押し殺して生きるのは、絶対に違うと僕は思っています。

メッセンジャー(自転車便)とは?仕事内容とか給料とかやりがいとか

f:id:keisuke44:20170312154113j:plain

あなたはメッセンジャーという仕事を知っているだろうか?いわゆるバイク便とかと並ぶ運送業の一つで、自転車で書類や荷物を運ぶ仕事だ。

ヤマトや佐川といった運送業と違うのは、受け取ったらそのまますぐに運ぶという点だ。つまり『めっちゃ急いでいる荷物』を運ぶわけである。

 

僕はメッセンジャー歴は1年程度と、熟練者に比べれば、まだまだひよっこだがそれなりにメッセンジャーとしては1人前になれた1人である。

そんな僕がこの記事を書くのは、メッセンジャーという仕事をもっと広く知ってほしいと思ったからです。

 

検索をしても出てくる情報は少なく、特に日本ではまだまだ認知度が低いというのが現状です。これを機会に多くの人にメッセンジャーという仕事を知ってほしいなと思っています。

1:メッセンジャーとは

f:id:keisuke44:20170509184103j:plain

http://cysoku.com/archives/14520013.htmlより転載)

メッセンジャーとはアメリカのニューヨークで始まった仕事です。世界のビジネスの中心で、また1秒を争うような場所です。

 

その頃は、普通の運送やバイク便が荷物を届けていたが、ニューヨークという街は渋滞が激しく、配達が遅れることもしばしばあった。そこで名を挙げたのが自転車というわけだ。自転車なら渋滞に巻き込まれることもなく、バイクやトラックよりも早く運べるわけである。

 

そんな環境で生まれたメッセンジャーという仕事は、年月を経て日本にやってくる。

 

元々、自転車で配送をするという考えはあり、特に日本では1900年ごろから、三越伊勢丹が配達に自転車を使うなどしていたが、インターネットの普及と共に衰退すると思われたが、意外にも電子化出来ないものやプライバシー的な問題から、メッセンジャーという仕事は意外にも普及して行くことになる。

 

2:メッセンジャーの仕事

メッセンジャーは冒頭でも言ったように、『急ぎの荷物』を運ぶのが仕事である。そしてそういった荷物の多くは、僕たちのような一般人ではなく、企業同士のやりとりの荷物である場合がほとんどです。

 

そうなると自然にビジネスの中心地である大手町や丸の内といったところから荷物が出ることが多い。

 

3:仕事をするにあたって

f:id:keisuke44:20170310140309j:plain

仕事をするにあたって、よく知らないといけないことも多い。まずはそれを押さえてほしい。

メリット

何よりも面白いというところだ。 メッセンジャーという仕事は朝から夜まで自転車に乗って荷物を運ぶわけだが、仕事いう感じがしない。

青空の中、風を切りながら荷物を運んでいると気持ちがいい。

 

あとは、慣れてきて歩合というシステムになると、自分の努力次第だが稼げるようになってくる。

僕は平均時給1500円くらいで走っていた。

 

もちろんすぐに稼げるようになるわけではないので、自分で地図を覚えたり、走るルートを考えたりというのは必要になる。

デメリット

デメリットというか当たり前なのだが、雨でも台風でも雪でも走らなければならないという点である。

 

雪の日なんかは冬の間に1回か2回しかないので、ちょっと楽しい気分にもなるが。

雨の日は年間を通して多くの日数がある。しかも荷物を濡らさないように気を付けなくてはならないのがけっこう大変だ。

4:メッセンジャーの給与体制

メッセンジャーを始めた頃は、大体時給で始まる。1100円〜1300円くらいのところが多いのではないでしょうか?

 

慣れてくると歩合と呼ばれるシステムになっていき、売り上げの40%とかをもらえるようになる。

 

つまり売上が1日4万円なら1万6000円もらえることになる。

朝9時から夜の18時までだとすると時給換算すると1777円になる。

 

めっちゃ高時給なバイトだとわかる。

5:メッセンジャーは仕事であって仕事ではない

最後にこれだけは伝えたいと思うのはメッセンジャーは仕事であり、仕事ではない。

単純な仕事に思われるかもしれないが、いかに早く届けるかを考えながら走るのはとても頭を使う。

 

信号のタイミングを覚えたり、裏道を覚えたりと追求し始めたら止まらないのがメッセンジャーの楽しみの一つだと思う。

 

目先の結果ばかり見てるからモチベーションが上がらない

f:id:keisuke44:20170508123220j:plain

こんにちはけーすけです。ブロガーという肩書きを持ちながらも、学生起業家としての一面を持つ僕ですが、ブログと起業で共通している一つのことがあります。それはどちらも『0→1』だと言うこと。

 

この『0→1』という考え方は堀江貴文さんの『ゼロ』という本から学んだことです。 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
by カエレバ

堀江貴文さんが刑期を終え、出所した時に出した本です。逮捕され、牢獄生活を終え、なにもない、堀江貴文という一人の0の人間になった時の思いが赤裸々に綴られています。

 

せっかくブログなのでブログの例で話をしようと思いますが、ブログも始めてすぐはPV数も伸びないし、収益を得るなんて考えられませんよね?

でもコツコツと続けていくうちに読書が増え、PV数が増えて行きます。そうするといつのまにか、収益が出たり、検索の上位に表示されたりと、今までの努力が報われることが多いと思います。

 

これが0から1ということなんですなにもないところから価値を作り出すということ。価値を作るというのは信用や信頼の積み重ねでもあります。

 

僕はブログや起業を通してそんなことを学んでいます。

 

少しだけ話がそれてしまいましたが、今回はモチベーションを上げるという方法についてです。ブログを書き続けるモチベーションだったり、起業をするにも物凄い労力とエネルギーを要します。

 

そんな僕がモチベーションを維持するために実践している方法と考え方を紹介しようと思います。

 

1:モチベーションが上がらない理由

f:id:keisuke44:20170508160145j:plain

僕はモチベーションが上がらない理由を『自分自身でコントロール出来ないこと』だと考えています。

 

簡単な具体例をあげましょう。

友達の家でゲームをすることになり、あなたがやったことがない『サッカーゲーム』で対戦をすることになりました。あなたは全く友達に勝てず、面白くありません。

 

この例を見てどう思いますか?

仮にあなたが得意な『野球ゲーム』だったらどうでしょうか?

きっとあなたは楽しいと思えるでしょう。

 

つまり、楽しいと思えることと自分自身でコントロール出来ることというのは意味合いとして一緒になるんです。

楽しい=自分自身でコントロール出来ること

2:出来ないこととやったことないこと

f:id:keisuke44:20170508161925j:plain

モチベーションが上がらない理由は『自分自身でコントロール出来ないから』だと上述しました。特に大学生や社会人になっていくにつれて、自分で出来ることと出来ないことが分かってきます。

 

しかし出来ないこととやったことがないことは違うということを覚えてほしいと思います。

 

先ほどの例をまた使って説明すると、あなたは『サッカーゲーム』が出来ないのではなく、やったことがなかっただけでした。つまり練習したり、やっていくうちに上手くなる可能性と楽しくなる可能性はあるわけなんです。

 

あなたは生まれた時から、歩けましたか?日本語を喋れましたか?箸を使うことが出来ましたか?

生まれた時はなにも出来なかったあなたも今は色んなことが出来ますよね?

それは日々練習をしたり、日々の経験があったからですよね?

 

つまり普通の生活をしているほとんどの人が0→1という経験をしているはずなんです。

3:2種類のモチベーション

f:id:keisuke44:20170508160803j:plain

 多くの人がやったことがないことを、出来るようになっているのにも関わらず、年齢を重ねていくうちに、多くの人が新しいこと(やったことがないこと)に挑戦をしなくなります。

 

その理由は2種類のモチベーションです。

外発的動機

人は生まれた時は、生きるために言葉や歩くということを学びます。しかし年齢を重ねていくと、何かをした時に何かが報酬としてもらえるということが増えてきます。

 

センスのある絵を描いたら表彰状がもらえた。家族の肩を揉んだらお金がもらえた。

生まれたばかりの時は自分のためにやっていたことが、いつのまにか報酬というもののために行動するようになります。

 

これを外発的動機といい、報酬があるから行動をするというモチベーションです。

内発的動機

それに対して、内発的動機というものがあります。これが生まれたばかりの時の僕たちが持っていたものです。

 

絵を描くのが好きだから絵を描く。ゲームが好きだからゲームをする。家族の笑顔を見るために肩を揉む。こういった好きだからや誰かのために行動するモチベーションを内発的動機と言います。

4:やり続けることが大切だと言うこと

f:id:keisuke44:20170508163131j:plain

最後に僕がモチベーションを上げるために実践している方法を、上述した項目もまとめながら紹介したいと思います。

 

まず2種類のモチベーションの外発的動機に頼ることだけはやめてください。これは結局短期的なモチベーションアップにしか繋がらないからです。

 

まず意識して欲しいのは内発的動機を作るということです。内発的動機は楽しいとか面白いという、誰のためでもない自分のためになるということが大切です。

そして楽しい、面白いと思うには『自分自身でコントロール出来ること』だろ冒頭でも話しました。

 

これらを踏まえた上で、僕が言えることはただ一つです。

『とことんやる』

とことんやってみて、自分自身のコツや知識をつけていくしかありません。とことんやって面白くないならやめましょう。それは出来ないことにしていいと思います。

 

とことんやって楽しく、面白くなったら、もうあなたのモチベーションは上がっています。

最後にモチベーションに関して、とても参考になった本を紹介しておきます。 

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか (講談社+α文庫)
by カエレバ

はてなブログのホーム画面を一覧表示にしてスッキリさせる方法

f:id:keisuke44:20170507204746p:plain

こんにちはけーすけです。最近運動不足なのか年齢なのか分かりませんが、股関節が痛くて仕方がないです。

今回はブログのホーム画面を一覧表示にしてスッキリさせる方法を紹介したいと思います。ブログのデザインがスッキリしてかっこいいほどモチベーションも上がりますしね。

 

そうやってカスタマイズばかりやっていると全く記事が書けないという問題もありますが笑

ブログのホーム画面をスッキリさせる

ブログのホーム画面をスッキリさせる方法はいくつかあるみたいです。

続きを読む機能

一つは多くの方がやっていると思いますが『続きを読む』という機能です

簡単に説明すると記事を作成しているときに上に表示されるところがありますよね?

これです。

f:id:keisuke44:20170507205403p:plain

このメニューのここに『続きを読む』というボタンがあります。

f:id:keisuke44:20170507205525p:plain

はい。これですね。

これをクリックすると

f:id:keisuke44:20170507205626p:plain

こんな点線が表示されます。

これがどうなるかというと、記事一覧になった時に

f:id:keisuke44:20170507205922p:plain

こんな風に『続きを読む』というボタンが表示されるようになり、続きを読みたかったらクリックしてねという表示がされます。

ちょっとしたカスタマイズで一覧表示にする

そしてもう一つが少しカスタマイズする方法です。

下記が参考にさせて頂いたサイトです。

yutof.com

dokuwohaku.hateblo.jp

www.ito-tomohide.com

記事一覧にするとトップページがこんな風になります。

f:id:keisuke44:20170507210424p:plain

カスタマイズって難しんじゃないのと思った人、マジで簡単なのでやってみましょう。

まず下記のコードを見てください。

<script type="text/javascript">
  if( location.href == 'あなたのブログのURL/'){
  location.href='あなたのブログのURL/archive';
}
</script>
<noscript>
<p><a href="あなたのブログのURL/archive">あなたのブログのタイトル</a></p>
</noscript>

 そしたらこのコードをコピーしてあなたのブログのURLとタイトルを入力しましょう。

 

出来たらそのコードを貼り付けます。

どこに貼り付けるかというと。

 

ダッシュボード→設定→詳細設定→検索エンジン最適化→headに要素を追加ってありますよね?

 

ここにペーストすれば終わりです!

めっちゃ簡単です。ブログのホーム画面すっきりさせたい人はやってみてください。