すとりば

すとりば

『未知』に挑戦して、『現在』を生きる

Google Adsense(アドセンス)の仕組みや用語の解説

f:id:keisuke44:20170608202335j:plain

こんにちはけーすけです。ブログ運営楽しんでますでしょうか??

PV数も大したことがない初心者ブロガーの言うことではないでしょうけどね笑

 

ブロガーにとって一つの目標でもある、Google Adsenceという広告収入源。始めたばかりの人も、ベテランの人も多くのブロガーが使っている仕組みですよね。

 

僕自身もブログ始めて、アドセンスに登録し、承認されるということが最初の目標でした。そのために記事を積み重ね書いていき、承認されるという目標を達成したわけです。

 

www.keisuke44.com

 

かなり苦労をしながらの審査通過でしたが、やる気と体力さえあれば審査に通過すること自体は難しくはないんでしょうか?

 

実際に僕がアドセンスで苦しみ出したのは、審査に通過した後のことでした。

確かにアドセンスを設置したことで、今までは無価値だった自分のブログに価値が生まれ『お金』というものが発生するようになります。

 

しかしPV数も大したことがない人がやるには、あまりにも儚いお金しか生むことが出来ないんですね。

そこで今回はアドセンスのみに特化した解説をしたいと思っています。

 

まずはアドセンスページの用語解説。そしてアドセンスの収入の仕組み。そんな簡単なところから知っていくと言う回になります。

1:RPM?CPC?CTR?とはなんだ?

f:id:keisuke44:20170608203403p:plain

アドセンスだけでなく広告収入を得るにあたっては避けては通れない、英語で書かれたこの単語たち。

一体この英単語はどんな意味を持っているのか?知らない人は多いのではないだろうか?

 

まずはこの単語たちの解説をしていこうと思う。

・RPM

RPMとはインプレッション収益とも言われている。じゃあインプレッション収益ってなんやねんって話になると思うので、解説します。

 

インプレッション収益とは表示回数1000回あたりの見積もり収益額のことを指しています。

つまりRPMが300円だった場合、1000回表示されるとおよそ300円が収益として発生しますよということになる。

 

一応アドセンスの公式サイトにも載っているものを掲載しますね

f:id:keisuke44:20170608204239p:plain

・CPC

CPCとはクリック単価のことを指しています。広告をクリックされた時に得られる収益額のことです。

例えば、CPCが100円だったら、クリックされると100円が収入として入ってくるというわけになります。

 

しかしアドセンスに関して言えば、広告はランダムにサイト訪問者の傾向に合わせて表示されます。つまりCPCは人によって違うと言えます。

 

CPCが高いとされる広告は、金融系の広告やギャンブルといったものが多いです。アフィリエイトサイトでクレジットカードやギャンブル系を紹介する人が多いのはそういうことです。

・CTR

CTRとはクリック率のことを言います。

例えばCTRが1.00%の場合は広告の表示が100回されるたびに1回クリックされているという計算になります。

 

もちろんクリック率は高い方がいいに決まっていますが、平均して1.00%行けばかなり高い水準のCTRと言われています。

 

さらに言えばサイトの訪問者数が多ければ多いほど(PV数が多い)クリックされる可能性は高まります。

2:アドセンスの仕組み

f:id:keisuke44:20170608205807j:plain

とりあえず、アドセンスで知っておくべき重要な単語を見てきたわけですが、アドセンスを活用するにおいてアドセンスの仕組みを知ることは非常に大切になってきます。

 

ここからあなたに求められるのは

分からない→知る→やる→繰り返しやる→出来るというプロセスです。

このプロセスを胸に、ここからの話を聞いてみてください。

www.keisuke44.com

ブログで収入を得ようと考えている人ならば、『アフィリエイト』という言葉を聞いたことはあると思います。

 

アドセンスもアフィリエイトの一つです。では他のアフィリエイトと何が違うのか?メリットやデメリットという点について話していきましょう!

①アドセンスと他のアフィリエイトの違い

アドセンスと他のアフィリエイトの決定的な違いは、コンテンツマッチ型のクリック報酬型であるという点です。

分かりにくいと思うのでもっと噛み砕いて話していきます。

 

まずは『コンテンツマッチ型』からです。

コンテンツマッチ型とは、あなた自身が掲載したい広告を自ら選ぶ必要がなく、あなたのブログやホームページを見にきた人に合わせた広告が自動で表示されるということです。

 

なので、この商品を紹介したいというブログの方針等が決まっていない人ならば、ダントツでおすすめです。

 

次に『クリック報酬型』についてです。

多くのアフィリエイトは、訪問者が広告をクリックし商品を購入することで数%の収入が得られるというものです。

 

しかしアドセンスは広告をクリックしてもらうだけで、収入を得ることが出来ます。

 

②メリットとデメリット

先にメリットから、まず上述したように初心者にも簡単にやることが出来るというのが一番のメリットでしょう。

 

その大きな理由は、コンテンツマッチ型であり、クリック報酬型だからです。

つまり多くの人に見てもらえるサイトを作ることが出来れば、収入も右肩上がりになると言えます。

 

そしてそれはデメリットにもなり得ます。

アドセンスページの用語解説でもお話をしました。CTR(クリック率)が非常に大切になってきます。

CTRはトップのブロガーの方でも1%いけば良いと言われています。

 

つまり多くの視聴者を獲得できなければ収入と言える収入にはならないということです。

 

また、広告はランダムに表示されるが故に、特定の広告を掲載することは出来ないということです。

3:まとめ

f:id:keisuke44:20170418133957j:plain

アドセンスというブロガーにとっての一つの目標。

審査に通過してからが本当の勝負です。

 

ではブロガー生活頑張っていきましょうね!

 

 

 

 

理由なんてない『根拠なき自信』で生きるコツ

f:id:keisuke44:20170525154901j:plain

自信があるのとないのととでは、絶対に自信があったほうがいいと思いませんか?

それでも、多くの人は『いやー無理かなー』『出来ないなー』と思って諦めてしまうことが多いはずです。

 

僕はでも、出来ないと思うだけでは本当に出来ないかどうかなんて分からないといつでも思っています。

 

だから出来ないと思うより、出来ると思ってやってみることを心掛けています。そういった行動をするために必要なのが『根拠なき自信』であると僕は思っています。

 

今回はそんな『根拠なき自信』をどう身につけていけばいいのか?それに基づくメリット。そしてデメリットについても触れていきたいなと思っています。

1:根拠なき自信とは?

f:id:keisuke44:20170608180546j:plain

日常生活の中でよく『自信を持て』なんて言われたことはありませんか?新社会人の方や、部活動をやっていた方、様々な場所でよく言われる言葉です。

 

僕はこの言葉を聞いていつも思っていたことがあります。『なんて無責任な言葉なんだろう』と。

あまりにも抽象的な言葉だと思いませんか?

 

根拠なき自信を知る前に、まず『自信』という言葉から知っていこうと思います。

 

辞書で調べると『自信』ってどんな風に書いてあると思いますか?

自分で自分の能力や価値などを信じること。自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと

じしん【自信】の意味 - goo国語辞書より引用

『自信』という言葉を聞いてあなたはもっといい意味を思い浮かべませんでしたか?

実際に辞書に書いてある『自信』とは『頑固』といっても過言ではない説明で書かれています。

 

ではここからは『根拠なき自信』の正体について書いていこうと思います。

 

根拠なき自信は言葉の通り、根拠はないけども自信があるということです。根拠とは簡単に言えば、実績やキャリアといった目に見えるものに代替することが出来ると思います。

 

つまり、本来は自信がある人というのは、根拠があるということです。今までやってきた実績があるからこそ自信を持てるということです。

 

一度富士山に登れた人ならば、もう一度登れると思えるはずですよね?

しかし一度も登ったことがない人は、登れるかは分からない。しかし登ろうと思うには根拠なき自信、つまり登れるはずだと思うしかありません。

 

説明がややこしくなってしまったのでここで簡単にまとめてみます。

①自信を持つというのは、根拠がある自信と言える。根拠とは今までの実績のこと。

②根拠なき自信とは、実績はないけども、出来ると思って挑戦する心のこと。

 

ではここからは根拠なき自信のメリット、そしてデメリットについても触れていこうと思います。

f:id:keisuke44:20170608180820j:plain

・メリット

最大のメリットは『失敗を恐れることなく、挑戦していけるということ』

やったことがないことというのは怖いものです。特に社会的責任や世間体が大切になるにつれてその恐怖は大きくなってきます。

 

しかし世の中の流れは速く、いつのまにか世間の常識は変わっていき、社会のシステムも変わっていきます。

 

いつの間にかあなた自身の実績が役に立たなくなる時が来ます。だからこそやったことがないことに挑戦していき、出来ることを増やしていくことが大切だと思います。

・デメリット

大きなデメリットはないと思っていますが、強いて言うならば、『根拠なき自信』の解釈を間違っては欲しくはないということです。

 

どういうことかと言うと、明らかに失敗するとわかっていることには『根拠なき自信』は役に立たないと言うことです。

 

例えば、よくあるパターンですが、友人がFXや株式投資で儲かっているから、自分も出来るだろうと思って手を出して失敗をするようなパターンです。

 

この事例の何が悪いのか分かりますか?

それは『自信の根源が自分自身ではなく、友人がやっているから自分も出来る』と勘違いをしてしまっていることです。

 

ここを履き違えてしまうと、失敗しかありえません。

2:根拠なき自信の身につけ方

ではどうやったら『根拠なき自信』を身につけることが出来るのか?

そのトレーニング方法について書いていこうと思います。

まずこの図を見てください。

f:id:keisuke44:20170608173456p:plain

              (http://diamond.jp/articles/-/78423?page=4より引用)

多くの人が持っている心理状態というのは、図の左下の場所です。

根拠なないし、自信が低いという状態です。しかしある程度実績を積むにつれて根拠が出てきます。

 

しかし根拠があっても自信が低い状態というのは、ある意味非常に冷静に現実的に物事を見るようになってしまいます。

そうすると『無理だ』『生きる意味がない』なんて思ってしまう。うつ状態になることもあります。

 

ではどうすればいいのか?

それは、根拠がなくても自信をもってチャレンジしていくこと。後から根拠なる実績はついてくると思うことです。

 

そうなるために、マイナスのイメージやネガティブな思考をなくす必要があります。

そしてそれを今から紹介します。

トレーニング①:自分の強みは何かを知る

あなたには必ず、強みがあります。ないわけはありません。

その強みなんてなんでもいいです。よくビジネスシーンや就職活動で使うような強みなんて糞食らえです。

 

漫画をめっちゃ読むでもいいし、めっちゃうまいハンバーグ作れるでもいいです。

そうやって自分の出来ること。他より優れているところを探して見てください。

 

前に強みを探すという点で記事を書きましたので、よかったら参考にして見てください。

www.keisuke44.com

トレーニング②:自己肯定感を持つ

日本人は自己肯定感が非常に低い国として知られています。

それがデータでも明らかにされています。

f:id:keisuke44:20170608174935p:plain

                  (http://diamond.jp/articles/-/78696より引用)

だから自己肯定感が低いことを、恥ずかしがったりする必要はありません。だって日本の文化みたいなものだからです。

 

自己肯定感が強いアメリカ。なぜ高いのか?そこに自己肯定感を高める答えがありました。

それはアメリカと日本での教育の違いでした。

 

日本の教育は、社会に出て、普通に生きることを想定した教育であり、出る杭は打たれるというものです。そのため個性が育たず、目立つことなく育てられます。

 

それに対してアメリカは実力主義であり、個性を伸ばし、オンリーワンの子供を作りたいと思う親が多いということです。

 

つまり、自己肯定感を培うために必要なのは、『周りは周り、自分は自分』という強い意志を持つ必要があるということです。

3:まとめ

f:id:keisuke44:20170417170404j:plain

どうでしたでしょうか?

人は皆、不安と期待を持って生きています。

しかし不安なんて漠然としたもので、本当に訪れるか分からない未来の話です。

www.keisuke44.com

 

僕は誰しもが、自分のやりたいことをやって生きていける時代が来ることをなんとなく確信しています。

そんな時代になってから困るのは、やりたいことなんてないという人です。

 

なんでもやっていいよ!と言われて困る人にだけはなって欲しくないと僕は学生の人や社会人の人に訴えたい。

 

それではまた。

 

 

 

【2017年5月】ブログ運営報告

f:id:keisuke44:20170504141106j:plain

こんにちはけーすけです。

月が変わったのでブログ運営の報告をしようと思います。

 

正直言えば、しょうもないくらい力が入っていないことが分かる。

それでも振り返ることで、何かが分かるかもしれないと思うので書きます。

1:5月のブログ運営

5月に新しく書いた記事は8記事程度です。その中にブログ運営報告も入っているので実際にまともに書いた記事は7記事とかかな。

 

4月のブログ運営の報告をした時に5月のブログ運営の目標を掲げました

それがこちら

  • 1000PVを超える

 

www.keisuke44.com

 

人気のあるブロガーさんやセンスの塊のブロガーさんなら余裕のPV数だと思いますが

僕にとっては壁です。

 

気長に、気楽に、僕が気になることをまとめているだけなので、あんまりSEOとか読者目線とかを気にしていないので当然の結果なのかもしれませんが。

 

そして1000PVを超えられたのか??

結果は、、、、、

どーん!!

f:id:keisuke44:20170601154504p:plain

目標達成ならず。。泣ける。。

残り79PVが厚い壁だよ

 

それでも4月と比べると+47PVですね。

 

書いた新規の記事も4月が14記事に対して5月は7記事なので半分です。

それでPV数が伸びていると言うのは、どんな意味があるんでしょうか?

 

ブログのSEOとか言うやつが強くなったのか?

過去に書いた記事が読まれるようになったのか?

 

現時点では理由は分かりませんが、この謎もいずれ解き明かしていきたいですね。

 

あと、新規訪問と再訪問の割合ですが、圧倒的に新規訪問が多いブログなんだなと思います。

79%が新規ということは約8割が検索を通じて僕のサイトを訪問してくれているということになります。

 

ありがとう新規訪問の人たち、、これからも暇な時に僕のブログを見てくれ、それなりに身になる知識やスキルを紹介していくからさ!

 

2:5月のブログ運営で得られたこと

5月の運営の中で、一番得られたことは、何より友達にブログの書き方やどんな切り口で記事を書くのが面白いと思うかを聞いて見たり、教えあったことかなと思います。

 

例えばこの記事とかは割と自分でも面白いなと思って書きました。

 

www.keisuke44.com

 

 

www.keisuke44.com

 最近脳科学の勉強をして行く中で、『そうなの?!』みたいな情報とかあったりするので、意外に自分が興味がなかった分野の本を読んで見たりしています。

 

そうすると意外な発見があったり、意外な共通点を見つけたりと結構おもしろい。

3:5月のブログ運営の反省点

反省点はもう数え切れないよ。

思いつくだけでもここに上げてみます。

  • 記事書くのサボりすぎ
  • ライティングの勉強しなさすぎ
  • SEOとかの勉強もやらなすぎ
  • ブログデザイン中途半端
  • ブログのアイコンつくれ
  • ブログの軸ブレすぎ

とりあえず、僕はめんどくさがりなんですよね。そして飽き性なんです。

 

直すべきところを多い人間ですね、ほんとに

4:6月のブログ運営の目標

 

改めまして、6月のブログ運営の目標を決めようと思います。

1000PVはもちろんだがいきたいし、少し欲張ってみようかなと思う。

 

150%アップの1500PVを目標にします!

いやもっと欲張ってみようか

 

6月の目標は2000PV

新規の記事投稿は最低20記事

 

この二つを目標に6月のブログ運営を頑張っていこうと思います!

 

今月もよろしくお願いします!

考えてから行動するというのは無駄だった?!

f:id:keisuke44:20170530171849j:plain

こんにちはけーすけです。

最近『PDCA』の本とか『計画』の本とか仕事効率化みたいな本がたくさん並んでいるなあ〜と本屋に行って思いました。

 

僕自身も『鬼速PDCA』とかも読んだりしたので、読者の一人ではありますが、いざ実践するとなると難しいし、悩んだり、考えたり、無駄な時間の方が多いのではないだろうかと考えるようになりました。

 

そこで最近、ビジネス書と呼ばれるものではなく、医学書を読み始めました。というのも人間がどういったメカニズムで考え、行動しているか、それを知ることでもっと効率的に生活や仕事ができるのではないだろうかと考えたからです。

 

そして、衝撃の事実が判明しました。

世間では、考えてから行動することや、考えることの重要性というものをよく聞きます。

 

しかしそれは脳科学的には非常に効率が悪いということでした。

今回は脳科学の観点から、『どうやったら効率良く脳を動かせるのか?』について説明していこうと思います。

1:脳の機能は『制御』と『自動』

f:id:keisuke44:20170530173006p:plain

脳の機能は多くありますが、大きく2つに分けるとするならば、『制御的処理』と『自動的処理』になります。

 

分かりにくいので、日常の行動から例をあげてみましょう。

例えば、制御的処理とは、家計簿を書いたり、報告書を書いたりするがあげられます。もう少し詳しく説明するならば、あなた自身がその行動の説明を出来るということです。

 

家計簿を書く理由は、生活の収支をちゃんと知るためであったり、節約をして旅行に行くためかもしれませんが、その行動がどんな目的のためなのかを説明することが出来ますよね?

 

逆に、自動的処理とは、行動の説明が出来ない、もしくはその答えが抽象的であるというものです。

例えば、初対面の人に対して、なぜかわからないが嫌悪感を抱く場合などです。

 

人間の脳は主にこの2つの脳を使って生活しているのです。

2:脳の機能のほとんどは『自動処理』

f:id:keisuke44:20170530174336j:plain

上記で『制御的処理』と『自動的処理』について学びました。

 

では人間はどちらの機能を多く使っているでしょうか?

それは『自動的処理』です。

 

では『制御的処理』をメインで生活するとどんな風になるでしょうか?

例えば、椅子から立って歩き出すのに、右足から出すのか左足から出すのかを考える必要があります。

あなたは立って歩き出すのに、そんなことを考えたことがありますか?

 

ないですよね?めっちゃ不便じゃないですか?

 

つまり、人間は脳の『自動的処理』を使って、『意識せずに出来ることは意識しないで出来るようにしている』ということなんです。

3:考えずに行動するのがいい理由

f:id:keisuke44:20170530174830p:plain

上記を踏まえた上で、考えてから行動するのが無駄な理由を最後に書きたいと思います。

 

生活が、考えずに出来るのは、意識の外側に知識があるということ。これを『暗黙知』と呼びます。

人間の脳はある行動がひとたび決まってしまえば、(パターン化出来れば)意識的な処理を必要とせずに自動的に処理できるようになる。

 

脳の機能のほとんどが自動処理ということは『制御的処理』つまり、考えるという行為は時間を要します。

 

『自動的処理』をメインにして、ぶつかったトラブルや壁に対してだけ『制御的処理』を使うのが効率的だと言えます。

 

つまり考えてする行動は脳科学的には非効率的だと言えるわけですね。

 

『即行動』って言う本が最近本屋に並んでいますが、多分脳科学的な視点で書かれているんだと思います。

 

これからもちょくちょく脳科学的な話をしようかなと思いますね

それではまた次回です!

 

すぐやる人に変身しよう!!: 人間心理的作用や脳科学。即行動する人間にはある特徴があった!?
by カエレバ
ゼロ秒思考[行動編]―――即断即決、即実行のトレーニング
by カエレバ

分からない→聞く→やる→繰り返しやる→出来る

f:id:keisuke44:20170519175216j:plain

こんにちはけーすけです。最近ルービックキューブにはまってます。めちゃ楽しい。

 

さて今回のテーマですが、これを思ったのは後輩とかに分からないことを聞かない人が多いなと思ったからです。

僕自身、自分でやるより、人に聞いた方が早いと思っています。そっちのが時短だしね。

 

例えば、英語が話せるようになりたいと思ったら、英語の教科書買ったりするひとがほとんどだと思いますが、それで話せるようになった試しがあります?

僕は無理でした。だから英語が話せる人に聞きました。『どうやったら英語話せますか?』と。

 

そしたら英語を話せないと生きていけない環境に行くのが一番早いと言われたので、バックパッカーで東南アジアを旅しました。

そしたら『留学じゃないんだね』と相談した人に言われましたが笑

 

つまりあなたがやりたい!やる!と思ったことにそれを達成した先人がいるのならば間違いなく聞いた方が早いです。いや独学でとか、我流でとかはその後でいいんじゃないでしょうか?

 

分からない→聞く

分からないと思ったらすぐに聞く。自分で調べてみるよりも早い。タイムマネジメントにもなる。

 

聞く→やる

聞いたらすぐにやる。言われたことをそのまんま実践してみる。変な知恵を使って我流でやらないこと。ある程度実績を積んだら我流でやろう。

 

やる→繰り返しやる

やるは1回だけではない。何回も何回も繰り返しできるようになるまでやり続けることが大切です。ちょっとしかやっていないのに成果が出ないとかを言っているようでは甘い。

 

すぐに成果が出るものは、だれがやってもそんなものということ。つまり大したことではない。ルービックキューブもひたすらやっていれば出来るようになる。

知ってますか?ルービックキューブを完成させれる人は世界の6パーセントなんですよ!

 

繰り返し→出来る

繰り返しやっていれば出来ます。時間はかかるかもしれないけど出来ます。

そうすればそれはあなたのスキルです。

 

まとめ

正直、こう言われても、聞けない人って多いですよね。

『恥ずかしい』『プライドが高い人』『聞ける人が周りにいない』こういう人多いのではないでしょうか?

 

でも僕は思います。多分その程度のやりたいこと、やることなんだなと。

そしたら思い切ってそのやりたいことは忘れてしまった方がいい。だって考えるだけ時間の無駄だと思うから。

 

厳しいことだと思いますが、、、ね